インプラント治療で選ばれている歯科医院とは

最近ではインプラント治療を看板に掲げる歯科医院が増加し、インプラントを選択する方も増えています。インプラント治療を受けるのはどんな歯科医院が良いのか迷われている方はいらっしゃいませんか。歯科医院を選ぶ判断材料をお伝えしましょう。

一番のポイントは、インプラント症例の治療実績が多数あり、優れたスキルを持った歯科医師が在籍していることです。

医師の技術や経験に加え、医院の設備の充実がより安全な治療につながります。正確なインプラント手術を行うためには、CT撮影による三次元画像データを分析し角度や長さなど検討したうえで治療計画が立てられます。レントゲンだけでなくCTや手術中に全身の状態を管理する機器などの検査機器を完備していることもポイントです。

インプラント治療では、人工歯根を埋入する手術でほとんどの場合は顎の骨を露出させます。しっかりした衛生管理が問われますので、感染予防の対策がとられ、器具や器材の滅菌消毒が徹底されていることも大切です。

また、インフォームドコンセントを重視しているかどうかも重要です。歯科医師またはカウンセラーから、治療内容や費用など納得できるまで詳しく説明してもらいましょう。

治療後のメンテナンス体制が整っているのかどうかは忘れがちですが大事なポイントです。インプラントを永く使用するために、咬み合わせチェックや歯周病ケアなどは欠かせません。セルフケアだけでなく、定期的な歯科医院でのプロのケアが必要です。

インプラント(自由診療)に対する保証制度が設けられているかも確認しておきましょう。

治療選択はメリット・デメリットの比較だけでよいでしょうか?

インプラントについて特徴を整理してみましょう。インプラント治療を検討中の方に参考にしていただければ幸いです。

インプラントの一番のメリットは自分の歯の様に噛めるようになることです。

噛むときにうまく力が入らないと思うように食べる事ができなくて、食事もおいしく感じられません。入れ歯が合わなくて食べづらかった食事も、インプラント治療をすることでしっかり噛めるようになり、これまで食べられないとあきらめていたものをおいしく食べられるようになります。

また、残存歯に負担をかけないということも大きなメリットです。インプラントは1本1本が独立しているので、他の歯に負担をかけることがありません。

入れ歯は隣の歯にバネをかけて支えたり、ブリッジは健康な歯を大きく削って土台にして人工の歯をかぶせたりと残った歯に負担をかけてしまいます。

残存歯に大きな負担がかかり状態が悪くなると、その歯もゆくゆくは抜歯しなくてはならなくなる可能性が高くなります。

一方、インプラントのデメリットは、顎の骨にインプラントが定着するまで時間がかかることや、保険が適用されないので高い治療費かかることです。

治療を選択する際にはメリットとデメリットを比較し、選ぶ治療法が自分自身にとって最善の治療法かどうかを考えることが大切です。歯科医師にしっかり相談したうえで治療方針を決めていくことをお勧めします。

インプラント治療はこんなふうに

インプラント治療では、まず一次手術で歯ぐきにインプラントを埋入します。手術時間は埋め込むだけなら20分とも言われるくらいです。入院の必要はありません。そして1週間くらいしたら抜糸を行い、仮歯を入れることができます。その後はあごの骨とインプラントがしっかり結合するまで、3か月くらいは待たなければなりません。インプラントがしっかり結合したら二次手術となり、歯ぐきをちょっと切開して埋入したインプラントの頭の部分に、インプラントと人工歯をつなぐ土台をつけます。この手術は10分くらいで終わります。この後1か月くらい様子を見た後で、人工歯をつけることになります。人工歯の取り付けは、噛み合わせなどを確認してもらって、1時間かからないくらいです。これでインプラント治療は終了ですが、年に2~3回の定期検診は欠かさず受けて歯のクリーニングをしてもらい、歯周病を防ぐのがインプラントを長持ちさせるために大切です。

明日からいよいよ5月ということで、いい季節になってきました。酒田市では、平成25年5月19日(日)~21日(火)に恒例の「酒田まつり」が開催されます。本祭りは20日(月)で、大獅子・仔獅子その他50台もの山車が出るそうです。他にもいろいろなイベントが予定されているそうで、楽しみですね。

加茂水族館の50周年イベント

世界一のクラゲ水族館で「クラネタリウム」が美しい鶴岡市立加茂水族館は、平成25年4月18日に開館50周年となります。これを記念して、4月20日(土)・21日(日)の2日間、イベントが企画されています。まず、入場料がなんと50年前と同じ大人50円、子ども20円に!(幼児は無料)さらに4月18日生まれの人は無料で入館できるそうです。また、先着50名には、プレゼントの当たるくじ引きもあるそうです。その他、懐かしい写真の展示もあります。加茂水族館は改築のため、今の建物で営業するのは平成25年11月末まで。平成26年6月には3倍の広さになって、新しくオープンします。今の建物で祝う最後の開館記念日となりますので、ご家族そろって出かけられてはいかがでしょうか。

さて、鶴岡市歯科医師会では、1歳6か月児健診と3歳児健診の時に、乳幼児歯科健診を行っています。小さなお子さんの乳歯は柔らかく弱いので、注意深くお手入れしてあげることが必要です。もしむし歯になったらとても早く進行してしまいますので、歯の生えそろっていく時期に歯科健診を受けておくことはとても大切です。対象になるお子さんには通知が来るそうですので、ぜひ受診してくださいね。

寝たきりの方にも歯科診療を

高齢になられたりして、歯科の治療を受けられずに困っておられる方はありませんか?

寝たきりだったり移動が困難になってくると、通院もなかなかできませんね。
気になるところがあっても通院できず、仕方なくそのままにしておられることも多いのではないでしょうか。
また、ご本人が自分の状態をうまく説明できなくて、具合が悪いのに気づいてもらえずに見過ごされていることもあるかもしれません。
朝、昼、晩の食事のたびに不便な思いをしていたり、痛い思いをしていたりといったことはないでしょうか。

歯の不具合は、つらいものです。

そんな人たちのために、山形市歯科医師会には、「訪問歯科診療」という制度があります。
この制度を利用したい時は、山形市歯科医師会の事務局に電話で申し込めばOKです。
そうすれば、歯科医師や歯科衛生士がご家庭を訪問してくれて、診療を受けることができます。

できるだけおいしくお食事をいただくためにも、歯の健康は大切です。
口の中をきれいにしてもらって虫歯を作らないようにすれば、大きな治療の必要もなくなります。
また、口のよごれが身体の病気の原因になるというようなことも防ぐことができます。

訪問歯科診療はとても便利な制度なので、困っておられる方はぜひ利用されることをお勧めします。

噛むことの大切さ

噛むことの大切さを見直しませんか。

噛むことは、人間の健康にとって、とても重要です。

噛むことによって、だ液の分泌がよくなります。

だ液には、消化を助け、口腔内を清潔にする働きがあります。

噛むという刺激が、頭やあごの骨、顔の筋肉の発育を促し、表情豊かな顔をつくります。アンチエイジングも期待できそう。

噛むことで、大脳の働きを活性化します。

よくかむことは、あごの発達を促し、さらによくかめる土台をつくることになります。

小さな子どもは、噛むことによって、あごが発達しますので、良い歯並びに繋がりますね。

柔らかいものを食べることが多い現代人ですが、もっと噛み応えのあるものを、食す習慣をつけるようにしましょう。

日頃から、よくかむことは色々な効果があるようです。

山形と言えば米沢牛 佐藤錦

山形と言えば米沢牛

米沢や山形県を代表するだけではなく、全国の日本牛をも代表する牛肉です。

松坂牛と神戸ビーフにも並ぶと言われる「日本三大和牛」にも数えられています。

明治4年、英国人教師チャールズ・ヘンリー・ダラス氏が、滞在中に米沢牛を食し、そのおいしさに感激し、任期を終え横浜に戻るとき、牛を1頭連れて帰ったのだそうです。
その牛を仲間にご馳走したところ、その旨さに驚き、たちまち評判になったということです。
それ以来、米沢牛は100有余年の歴史を誇るブランド牛として現在も愛されています。
(米沢牛のれん会引用)

 
果物ではラ・フランス さくらんぼ(佐藤錦)

明治の初め、内務省が西洋果樹の苗木を配布され、その中にサクランボも含まれていたが、収穫期が梅雨と重なるせいで実が割れてしまう。その上日持ちもしないとあって、生産量は伸びなかったようです。

佐藤栄助翁は新しい品種を作れないかと考え、東根町の中心部から南方に移り住み、広大な松林を開墾する毎日だったようですね。

好奇心が旺盛なことに加え、果樹栽培が趣味だったことで、「ナポレオン」と、「黄玉(きだま)」の交配によりできた実を発芽させて苗木を作り、そのなかで良いものを移植して育成したそうです。

大正11(1922)年、初結実をみ、さらに選別を重ね、2年後、ついに最も優れた1本、原木の育成に成功したそうです。

本格的に取り組んでから、15年余りもの歳月をようしたようですね。(佐藤錦引用)
絶品のサクランボですよね。

インプラントは最新治療?

 世界の遺跡のなかから発見された人骨やミイラに、歯の治療痕が残っているものがあるそうです。インプラントはそんな大昔からの治療法だったのでしょうか・・・?
 
インカ帝国の遺跡のミイラからサファイアをはめ込んだ顎骨が見つかったり、エジプト文明には歯の抜けたところへ象牙や宝石を埋めていたそうです、それらは、実際に使われたものかどうかは分かりません。儀式のようなものであったかもしれませんね。それらのことから古代の人も、歯に関心があったのは間違いないですね。
 しかし20世紀になって興味深い発見がありました。それは西暦700年代のマヤ族の女性のミイラに、下顎の骨と一体化した貝殻があったという事です。生前に入れられたものでしょう。永久歯が抜け落ちたあとの治療法として、人工歯を入れるという考えが確かにあったのですね。新しい治療法と言われているインプラントですが、その歴史は意外に古かったのですね。

インプラントをするには喫煙はNG

インプラント治療が出来るかどうかは、一般的には顎の骨の量と質によって決まりますが、その他に、全身疾患のあるなしが重要になります。 糖尿病や重い心臓病、麻酔に対するアレルギーの有無等、治療前に詳しい問診があります。 持病があり、薬を飲んでおられる方も、薬の種類や名前を歯科医に言っていただくと安心です。 その他に、インプラント治療の成功を左右するものに、喫煙があります。 ヘビースモーカーの方は、インプラント体が骨と結合しにくいという臨床結果が出ているからです。 喫煙することによってニコチンが体内に取り込まれ、血管を収縮させたり、血流が阻害されたり、白血球の機能障害を起こすといわれています。 その結果、インプラント体と骨が結合しにくくなり、傷の治りが遅くなる等の問題も起こってきます。 そのため、インプラント治療をお考えの方は、早めに煙草の本数を減らしていき、治療が始まる前に禁煙出来るようにしていただきたいです。 どうしてもタバコがやめられない方も、インプラント手術の前と後で、それぞれ一ヶ月間の禁煙が必要です。 喫煙は歯周病にも良くありませんので、これを機会にずっと禁煙していただくと、健康のためにはとても良いことだと思います。